スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月夜の目覚め

TRPGの自キャラでSSを書いてみました。
前回書いた「姉妹のある一日」の続きの話になります。
(興味ないって方はブラウザバックでっ)

------------------------

夜。
ホワイトラヴァーも閉店し、翌日の準備も既に終わっている頃合である。
その裏山も、住み着く生物は寝静まり、動く者の気配は感じられない。
そんな山中の開けたところ、昼であるなら麓の景色が一望できる崖の際に
一人分の人影があった。
麓の方を向いて、何か背丈と同じぐらいの物を抱えるようにしながら立っているのだが、どこか俯いているように見える。
そして、何かを言っているようである。

「お姉様・・・」
レイアは呟く。
手には、常に携える聖職者用の杖を持ちながら。


月が一面をぼんやりと照らす。
満月とはいかないまでも、八、九分は姿を現している。
レイアは相変わらずの白い聖職者の格好であるが、色がおぼろげに分かる程度には淡い光が降っている。

「貴方の覚悟次第よ」
前に言われたその言葉がレイアの耳を離さない。
覚悟・・・?
お姉様のそばにいたいだけなのに・・・、何故そんな大仰なものが必要なの?

辺りには生きるものの気配はない。そんな中、呟いた言葉は
ただ暗闇の中に消えていく。
それでも、ただ呟き続ける。
誰かが答えてくれるのを待つが如く。

一人になれば何か分かるかも知れないと思い、一人で来た。
思えば、一人になったことなんて今まで一度もなかったかもしれない。
両親がいて、侍従がいて、そして姉がいた。
それだけで満足していたし、そこから離れる理由もなかった。
今までと同じなだけではないのか?何が変わってしまったのか、分からない。

ふと、レイアは後ろを振り返った。何か風が吹いたのか、辺りの木々がざわめく音が聞こえたからだ。
しかし、視界には何も見えないのを確認し、また振り返ろうとした瞬間、
レイアは何もいないという判断が違っていることを知った。
視界の上端。月の浮かぶ空に鳥のような生物・・・正確には人に鳥の翼が生えた魔物がいた。両手・両足に鋭い爪の姿が見え、
全身黒にしか見えない姿の中で赤い目だけが、薄明るい空にぼんやりと光っている。
眼下の人間の方向を見据えながら。

狙われている・・・?
何故こんな所に妖魔がいるのか?
それより、この場を何とかしなければならないが、自分に妖魔を撃退する術はあるのか?
逃げるべきなのか?

完全に混乱していた。今まで極力争いごとを避けてここまで来た。
誰かの力に縋りながら、自分はただ守りに入ることで。
そんな自分に、力などあるわけない。

妖魔が、レイアの方向に向かって腕を先にして急降下してくる。
腕の先には鉤爪が見える。崖を背にした人間をそのまま突き落として
しまおうという算段だろうか。

「貴方の覚悟次第よ」

ふと、前の姉の言葉が頭をよぎる。

無意識か、それとも言葉が動かしたのか、
レイアは抱えている杖を向かってくる妖魔に向けた。
胸元に両手で抱えて持っていた杖を右手だけで持ち、
空いた左手に魔力を込め始めた。
魔力を杖に込めるという、イメージ。
今までそんなことを試したことは無かったが、ただ一つの形を目指すために魔力を使う。
前に姉が見せた、力をためての一撃。
勝てるかどうかなど考えていない。ただ、姉と同じ事を実現するにはどうしたらいいか、それだけだった。

迫る妖魔、そして突きを繰り出して来るのとほぼ同時に
「・・・・!」
反射的に右手の杖を振り下ろすレイア。
瞬間、月夜に衝撃音が鳴り響いた。

静寂が戻った。
月は相変わらず、淡い光で辺りを照らし続けている。
音の発生した付近も、何事も無かったかのように静寂を取り戻している。
ただ、付近の風景には一つだけ変わったところがあった。
山中の開けた部分に一区画、何かが落ちたような跡
-大きさは2-3メートルぐらい、
が見られること、そしてその側に、一人の人影がいることである。

「何とかなった、の?」
レイアは呟く。
自分は、ここにいる。動ける。つまりはそういうことなのだろう。
何をしたのかは覚えていた。
自分の魔力を乗せて、目一杯ぶん殴る。
一緒にいたいと願う姉のように。

「覚悟」
レイアはまたその言葉について考えていた。
今思うと、何かを一人でしようという覚悟かもしれないと思う。しようと思わなければ、試みなければ、恐らくここにはいなかった。
なら、次は何をしようとする覚悟がいるのか。

「お姉さま、待ってて」
目的は決まっている。ならば後は方法と心だけだ。
レイアは杖を改めて右手で持ち、自ら作った地面の跡に一瞥くれると、その場を歩き去っていった。
満月には少し足りない月は、何も変わらず辺りを照らし続けていた。
















スポンサーサイト

姉妹のある一日

久しぶりの更新。
某所でやっているTRPGのキャラクターでSSを書いてみた。書いた経験は当然無い。書きたかったから書いてみたってことですw
(興味ないって言う人はブラウザバックしちゃってください。申し訳ない)

キャラクターの概要を
リアラ:とある1王国の王女。王族の暮らしに満足できなくなって脱走→冒険者になった。職業としては格闘家

レイア:リアラの妹。リアラとは腹違いになり、年齢も1回り下。リアラを追い掛けたいという裏の目的を持ちながら現在諸国を回っており、今はリアラと同じところにいる。

ホワイトラヴァー:今リアラ・レイアがいる所。レストランだが、NHKというギルドの拠点

以上の前提で、興味あるという方がいらっしゃったらご覧ください。

------------------------------


「お姉様、こうして2人だけになるのも久しぶりですね。」
「・・・。」

何故、こういうことになったのだろう。
リアラは1人ごちる。

事の始まりはこうである。
前日の夜、リアラがホワイトラヴァーのカウンターで1人で晩酌していると、1人の女性が姿を現した。

薄茶色の長い髪に赤味がかったカチューシャ。聖職者(アコライト)の正装に身を固めたレイアである。

「お姉様。夜分遅くにごめんなさい。お願い事があるのです。」
「・・・何?」

いい具合に酒が回っているが、妹の真剣そうな声を聞き、変な聞き方はできないと思い直すリアラである。
もっとも、いつもこんな話し方をする妹ではあるのだが。

「明日、一緒に散歩してくれませんか?」
「何それ?」
「言葉の通りです、お姉様。」

何を考えているのだろう。確かにそんな機会は実家にいた頃まで遡らないと無いだろうが、意図が読めない。

「明日、訓練で山深くまで入って行く予定なのよ。だから・・・」
「それなら、一緒について行きます。誰か他の人が来るという訳ではないのでしょう。お姉様が問題なければ。」

物好きとしか思えなかった。冒険者としてここNHKに入って来た以上、あちこち動き回る覚悟は妹なりに持っているのだろう。しかし、ただの訓練にまでついて来るというのは、やはり妹の考えが読めない。

「・・・分かったわ。明日の日の出前に、NHK入口前の看板前にいらっしゃい」
「よろしいのですね、お姉様」
「仕事ではないしね。面白いとは思わないけど止めはしないわ。」
「ありがとうございます。それでは明日、また。」

そう言うと少しだけレイアは微笑み、お辞儀をしてリアラの前から離れて行った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「まあ、なるようになるでしょうね。」

昨日と変わらない聖職者の格好で、無表情ながら少し疲労の色が見えるレイアを見て、呟くリアラ。

実際、ここまでは何とかなっている。
本当はもっと遅れてくると思っていたが、思いの他しっかりついてくるレイア
を見て、リアラは感嘆の色を隠せなかった。
リアラにとっては慣れた道でも、普通の人間から見ては獣道であろう道である。

「昔と表情は相変わらず変わらないのね。」
「何の事でしょうか、お姉様。」
「無愛想ってことよ。」
「これでも、笑おうとしているのですけれど、残念ですね。」
「冗談よ。」

でも、滅多に笑わないのよねとリアラは思う。
正確には、作った笑いに思える。
城にいた頃から、リアラはこの妹の本当の笑顔を見たことが無い気がしていた。
妹なりの考えがあり、だから自分を追って来ているのだろうが、いったい彼女の真意はどこにあるのだろう。

「ちょっと休憩しましょうか。」
「分かりました。」

山道を登りきった開けた所で休憩を取ることにした。
レイアは相変わらず表情を変えないが、持ってきた荷物(携帯食料と愛用の杖ぐらいである)を降ろすのにもどこか疲労が見える。

「あなた、何でついてきたの?」
「?」

唐突にリアラは尋ねる。リアラは妹を呼ぶ時は絶対に名前を呼ばない。
自分にこれ以上関わって欲しくない、自分はもういない人間だと思ってほしいから。
もっとも、妹はそう思っている様子は微塵もなさそうであるが。

「理由ですか・・・。お姉様とお話がしたかったから。それではダメですか?」
「それだけなら昨日でもよかったじゃない。こんな所までへたばりかけながらついてきて、何の物好きよ。」
「・・・。」

思わず語気を強めるリアラに押し黙るレイア。相変わらず無表情でじっとリアラを見つめている。
彼女が予期しなかった返答に凹んでいるのか、それとも必死に答えを考えているのか。いかようにも取れる表情である。

やがて、彼女が口を開いた。静かに、ゆっくりと。
「お姉様とお話がしたかった。私の前からいなくなってからのお姉様が知りたかった。
何故、お姉様はそんなに自由なのですか?何故、お姉様はそんなに強くなったのですか?私は、それが知りたい。」

「一言、言っておくわ。私は強くなんてないわよ。貴方の世界が狭いだけ。
貴方もがんばればこれぐらいのことは、できるようになるわよ。」

そう言うと、リアラは近くの5mぐらいはありそうな木に向けて、おもむろに正拳突きを放つ。
瞬間、鈍い音と共に木はへし折れ、リアラの眼前から倒れていった。

どこまでも無表情なレイアを前に、リアラは続ける。
「もう1つ、私は自由じゃない。確かに自由になりたくて出てきたけど、それでも誰かさんについて来られてるじゃない。・・・無理なのよ、今の貴方が思ってる自由なんて。」

「では、お姉様のようになるのは無理ということなのですか。」
「貴方の覚悟次第よ。」

「その持ってる杖だって、ただの飾りじゃないんでしょう?ここまで出てきたのなら、何とかしてみなさい。」
「・・・はい お姉様。」

分かったのか、釈然としないのかよく分からない表情のままレイアが答える。

「それじゃ、帰りましょうか。」
リアラがそれまでのことが無かったように明るく言い、レイアは頷く。
そしてリアラは小声で呟く。
「さて、少しは楽になるといいのだけれども・・・」
本心か、はたまた冗談めいたものか、そんな声で呟いたのだった。


2/13 東京11R バレンタインS

らすとー。ちなみにレース名のものとは縁もゆかりもない人間です。

◎タマモナイスプレイ
○ヤマニンエマイユ
△マイネルフォーグ、アントニオバローズ、アポロフェニックス

はっきり言ってわけ分かりません。ペースはゴスホークケンが作るんだろうけれど、まあ速くはないと思う。問題は前決着になるのか差し決着になるのかさっぱり読めないこと。一応東京実績あって中団前目につけれそうなタマモが位置的にも人気的にもおいしそうなのでここから。印回らなかったところではゴスホークケンの逃げ残りは正直怖い。マイネルあたりと入れ替えるかも。

消した馬。
ピサノパテックはパンパン馬場でこそだと思う。奇数番の内枠でまず出遅れるだろうし人気なら消す。
トレノジュビリーは折り合いが不安。松岡は合わないんじゃないだろうか

2/13 東京10R 銀蹄S

第2戦行ってみよう

◎ノ―リプライ
△ペルルノワール、ファイナルスコア―、ギシアラバストロ

ダートは重~不良だろうと見ます。それなら◎は信頼できると思う(逆に良だったら消してた)。
ペースは遅そうなので速い脚を使えそうな馬(ファイナルスコア―、ギシアラバストロ)と前走に比べたらメンバー二枚落ちのペルルノワールを。ただ◎は何か差し遅れそうなので2着付け本線で

消した馬
前走何をとち狂ったかレース直前で消して(詳しくは1/30の予想の印を、消したのはこれ)3連単とりそこなったツクバホクトオー。正直レース内容に印象が無いので消す。不利あったらしいけどあまり影響はなかったかと。
スピードアタックは前走前がごちゃついたのに乗じてはまっただけ。同じように差してきたアズライトの次走がいい例だと思う。

2/13日 東京9R テレビ山梨杯

先週の日曜は某所でTRPGのセッションをしていまして(12:00~21:00)、先週の競馬をしっかり見たのはつい昨日でした・・。おかげで疲労がなかなか抜けない・・。でもTRPG面白いと最近思う次第です

でもこっちはこっちでしっかりやります。今日は東京固めで特別3連発。

では第一戦
◎ゴールデンミシエロ
○ブレイクナイン
▲ハウオリ
△ストロングリターン、シングンレジェンド、サバース

馬場が分かりづらいですがおそらく時計のかかる良馬場ぐらいと見ます。そして一貫ペースの逃げで結果を出したエーシンマイトップがいることでミドル以上のペースになるという読みです。ただ、どれも決め手に欠ける(決め手だけならストロングだろうがもともと当てにならない上に騎手が・・)ので、東京実績あって体力ある◎をあえて後追いしてみます。以下東京で体力のいりそうなマイル戦に合いそうな馬を

消した馬
ソーマジックは休み明けとはいえ前走の内容がだらしなさすぎ。しばらく桜花賞3着の実績は忘れておきたいと思った。
チャームポットはここ2走スローの1400に慣れてしまったのが体力面で響いてきそう。






プロフィール

jin

Author:jin
競馬・東方・TRPGあたりが好きな社会人です。競馬にかこつけたふらり旅が大好き。今は九州行きたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。